居抜き物件のチェック項目とは

居抜き物件契約に際しての確認事項を紹介します

居抜き物件を契約する上での確認事項

運営しているイメージを持つことができるかという点

以前のテナントの設備並びに機材を使うことで、開業に対する費用や工事のための期間を削り落とせる居抜き物件は、非常に多くの料理店開業者の頼もしい味方といえます。 しかしながらスケルトン物件と比べて、開業を考慮している場合はあらかじめチェックしておくべきポイントも少なくありません。とりわけはじめて探している場合、内見に出かけてもどういうところをどうみれば妥当なのかわからない人も多いでしょう。 まず、大事な点がその店で自分自身が営業活動しているイメージがもてるかということになります。立地並びに条件がよくても、究極は自分のメンタルが大事になってきます。内見の際に、その店に立っている自分自身の姿のイメージが浮かんだのであれば、間違いないでしょう。

個々の設備の動作チェックと適応性

料理店には高い価格帯の機材がたくさんあるので、そのままの状態で機材を譲り受けることが可能な居抜き物件は利点が大です。しかしながらどういった機材にも耐久年数があります。以前のテナントが開かれて数年以上たっているケースなどは、譲り受けても直ちに故障してしまうなどの危険性もあります。従ってしっかりと動作確認を行って、何年前購入したのか、説明書があるかなどもチェックしてみるとよいでしょう。加えて、内外装と比べて考えている以上に工事にコストがかかるのがインフラ設備です。インフラ設備が店にそろっていれば、内装工事費は相当おさえられます。求められる容量は業態、やりたいことにより異なってきますが、ひとつの例としてカフェの居抜き物件において焼肉屋を行なうとなると、利用する火力や給排気量が変わることから、容量を引き上げるための工事が求められ費用はかさむでしょう。

退去する必要がある理由と近所の評価

また、以前のテナントの退去した原因もチェックしておきましょう。その一方で、料理店の退去理由の数多くが経営悪化です。こうした場合、同一の業態での開業については危険性の高いものと心の準備をし、それに見合った戦略をうつことが不可欠です。それとは反対に、以前のテナントとは異なるターゲットを狙うということなら勝算はあるでしょう。居抜き物件においては、内装の設備等自体を引き継ぐことができる有益性がある一方で、以前のテナントの評価もそのままの状態で継承してしまうというウィークポイントもあります。評価の高い店であれば構わないのですが、近所とのトラブルを持っていたり、良くない噂があるケースでは気をつける必要があります。

人気記事ランキング